コンサート鑑賞

2台ピアノリサイタル

Dscf3408

鈴木ホイロップ晴子先生、石津真依先生、ゲストの久高美和子さんと、終演後の1枚です。

昨日はたくさんの方々にお越しいただきました。客席の皆様に、クラッシック音楽をわかりやすく、楽しく聴いてもらいたいという、演奏者の気持ちが伝わった、とても良いコンサートでした。

|

2台ピアノとヴァイオリンによるリサイタル開催のお知らせ♪

鈴木ホイロップ晴子先生、石津真依先生出演の「2台ピアノとヴァイオリンによるリサイタル」が開催されるはこびとなりました。

親しみやすいクラッシックの名曲を集めて、小さなお子様から大人の方まで、楽しめるプログラムをご用意しております。

皆様どうぞお越しください。。♪

PIANO DUET RECITAL 

「2台ピアノとヴァイオリンによるリサイタル」

プログラム

動物の謝肉祭 サン・サーンス

剣の舞     ハチャトリアン

愛の挨拶    エルガー

村上春樹著「色彩の持たない田崎つくると、彼の巡礼の年」のテーマ曲で話題の「ル・マル・デュ・ペイ」 巡礼の年より リスト 他

2013年11月24日(日曜日) フィリアホール 14時開演 

お問い合わせ つぼみ会たちばな台教室

|

ジョイントコンサートのお知らせ♪

鈴木晴子先生 出演のコンサート

クリスタルジョイント「喜び、高まり、輝き」

2013年6月29日(土) サントリーホール ブルーローズ

ピアノ、ソプラノ、マリンバ、フルート、ギター、多彩な楽器と華やかなプログラム。

お問い合わせ・詳細は、たちばな台教室まで。

|

14人の指揮者

昨日は「指揮者の祭典(桐朋学園創立60周年)」を聴きにサントリーホールへ行ってきました。

大友直人氏、井上道義氏をはじめとして、桐朋出身者でつのった14人の指揮者とオーケストラ、。

曲目 ワーグナー「ニュルンベルクのマイスターシンガー」前奏曲、エネスコ「ルーマニア狂詩曲」、武満徹「3つの映画音楽」、ドヴォルザーク「スラヴ舞曲」、ブラームス「ハンガリー舞曲」、ストラヴィンスキー「火の鳥」

なんといっても14人の指揮者が、2時間のコンサートでリレー方式に振るのですから、1曲1曲が楽しみながら、個性あふれる全力投球の演奏。おまけに一緒に行った友人が臨場感あるよー、、と取ってくれた座席が一番前の、しかもど真ん中、指揮者が近、、^^;指揮者の真後ろ、、指揮者を見上げてコンサートを聴いた、(というか見た)のは何度もコンサート行っているのに初めてで、それは迫力満点、、同窓会もかねて楽しいコンサートでした。^^

終わりに小澤征爾氏が客席から、舞台へ。痩せられていましたが、お元気そうで良かったです。

|

ベルリン・バロック・ゾリステン

昨日は「ベルリン・バロック・ゾリステン」と樫本大進さんのコンサートに行ってきました。

ほんとうにいい音でした。。深く、深く、確かな、正確な「ベルリン・バロック・ゾリステン」のアンサンブルにのった樫本大進さんのヴァイオリンの音色は、華があり、いっそうすばらしかったです。

バロック音楽は当時の楽譜、楽器の演奏をどのように再現、あるいは解釈し、現代のピアノで演奏するべきかを考えることがとても難しく・・

ここのところ指導する立場から、あらためてバッハの作品を見直して勉強したいと思い、いろいろな版を比較、参考文献を探したりしていたので、このコンサートはぜひ聴きたかったのです。

心地よい感動とともに、良い勉強になりました。^^

|

芸術の秋です。。

今日の新聞で ジュネーブ国際音楽コンクールピアノ部門で萩原麻未さんが優勝された、という記事を読みました。日本人では初の優勝だそうです。すばらしいことですね。^^

芸術の秋。。11月は私の友人も多くコンサートを開いています。

今週16日は 中野孝紀さんのリサイタル http://www.classic.or.jp/2010/07/post-398.php 17日は 太田太郎さん、瀬川玄さんによる2台ピアノコンサート、連日コンサートを聴きに行きました。

中野さんとは同門で同級生でもあり、何度も聞かせていただいています。もちろん、いつもとても良いコンサートで勉強させていただいているのですが、今回はさらにすばらしく、力のある、そして心にせまる迫力ある演奏に感動しました。^^

|

オペラ鑑賞で一息♪

今日は体育の日、運動会の生徒さんも多かったようですね。お天気が良くてよかったです。 ^^

私は祝日を使って、オペラ鑑賞に行ってきました。

学生の頃、もっと若い頃はひたすら自分の勉強している曲、や好きな曲を取り組むことでいっぱいいっぱいでしたから、自分が演奏している曲については詳しくても、オペラや、オーケストラ、・・・音楽といってもそれほどたくさんのジャンルを知っているわけではありませんでした。が・・^^;、この仕事を始めて、生徒の皆さんにどうやって音楽の楽しさを伝えたら良いかを模索しているうち、いろいろ聴いてみる、探してみることをするようになりました。^^

そんなわけでオペラ、、です。^^

今日鑑賞したのはビゼーの「カルメン」、この曲を聴いたことのない人はたぶん、どこにもいない、それほど云わずと知れたポピュラーな作品。それでもオペラ、、と聞くと、高尚な・・難しい・・と思われる方も、もしかしたらいらっしゃるかも、、、。私も初めて行った時はそのイメージが先行して、もうひとつピンときませんでしたが、気楽に行った今日は素直にベタな感じで楽しめました。^^

物語はほんとに全編恋愛トークなわけですが、ここが歌の力と骨組みのしっかりしたクラッシック音楽のすばらしいところで、この恋愛トークがありになって、「ハバネラ」「闘牛士の歌」などのポピュラーな曲が劇中では迫力が増すんですね。。

初めての方はストーリー、各幕の内容をチェックして行かれるとより楽しめると思います。(o^-^o)

http://eplus.jp/sys/web/kiev/index.html

|

3台ピアノ

お台場のテレコムセンターにて知人でもある太田太郎さん、瀬川玄さん、松原聡さん、3人の男性ピアニストによるたいへんめずらしい3台ピアノのコンサートが開かれました。

曲目はベートーヴェンの交響曲「プロメテウスの創造物」、「英雄」、

3台ピアノとなると、まず合わせを練習する場所を探すことも大変だと思うのですよね・・。

002

耳だけでなく、目でも楽しませていただきました。(o^-^o)

| | コメント (0)

N響オーチャード定期

昨日はN響オーチャードホール定期演奏会のチケットをいただきまして聴きに行ってきました。

エルガーのセレナード〜グリーグのピアノコンチェルト、ショスタコービチ交響曲第5番「革命」

エルガーでさわやかに始まり、最後のショスタコービチではオーケストラの編成も増えて迫力満点で終わるプログラム。

ショスタコービチの最後の盛り上がり部分の打楽器、かっこいいなぁ・・、やってみたい、、と思うのは素人感覚でしょうか?(*^-^)でもそういう気持ちって大事ですよね。。^^

知人のオーケストラ打楽器奏者の方から聞いた話ですが、

打楽器の楽譜は休符だらけ、他のメロディー楽器が演奏している長〜い間、演奏しないながらも頭や心で一緒に曲を構成、創り上げながら緊張して待ち続け、

音楽が最高に盛り上がった見せ場、、ここぞという時に1打、、、

これはいつも非常に胃が痛い^^;・・(そうでしょう、そうでしょう・・)と。

しかしそのスリル、と後の爽快感はやめられない、、と言っておられました。

ピアノはオーケストラ的要素を再生できる楽器。もちろん打楽器的な要素も多々含まれているので、参考にしたいですね。^^

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

アーティスト:レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

|

演奏会のお知らせ

こんにちは 新石川の和田です

新石川教室は今月14日に発表会を終えたばかりで今年は生徒さんの数も増え、とっても賑やかな会となりました

そして今月は去年に引き続き、

2台ピアノをメインとした演奏会を開催致しますのでお知らせ致します

今回はヴァイオリニストをお招きし、言わずと知れたクラシックの名曲を取り入れ、とっても華やかな演目で、2台ピアノはオペラ【カルメン】、リストのハンガリー狂詩曲第2番に挑みます

演奏者一同、心より皆様のお越しをお待ち申し上げます

既にチケットご購入戴きました皆様、有難うございます

 ♪第2回 2台ピアノ+ヴァイオリンリサイタル

        和田真依 鈴木晴子 納富彩歌

        2009年 11月26日(木) 

           フィリアホール 

           東急田園都市線 【青葉台駅】 

        18時半開場 19時開演 全席自由

【チケット】 前売り¥2500 当日¥3000 学生¥1500 就学未満 無料 チケット購入、お問合せはつぼみ会各教室講師までお願い致します

Dsc00030_4

前回リサイタルの模様やつぼみ会発表会での演奏はyoutubeでご覧になれます Mai Wada ピアノ演奏

|