レッスン風景から。。

大人になった時、習っていて良かったと思えるピアノを。

春ですね。。

日差しがやわらかく、温かい日が増えましたね。

この時期、教室では、新学年を意識して、ぐ~んと成長する生徒さんが多いです。

先日も、生徒さんの成長が垣間見れて嬉しかったことが・・

小学校低学年の男の子、この日の練習はブルグミュラー作曲の「せきれい」

(せきれい、という名の鳥の声があちこちから聴こえるような、軽快なリズムの連鎖が魅力の曲。)

お家で頑張って練習してきてくれたことがよくわかります。

でも、どうしても弾けないところがあって・・

そこを何度も、何度もチャレンジしようとします。

わかるよ、、わかるよ、でもね、、ちょっと待って、、

「弾けないには、弾けない原因があるからね、それがわかったら、弾けるからね。」と止めました。

弾きたいのをぐっとこらえて、お話を聴いてくれました。

 

「音楽はお話を読んだり、書いたりするのと同じでね…」

楽譜は、言葉や、文みたいに、点【 】や 丸【 。】を付けながら読むのに似ているの。。 

この点や丸の場所が間違っていると、文の意味はわからなくなるし、読みにくいよね。

 

例えば「今日はお天気がいいね!」➔ 「今日は お天気が  いいね!」

これを

「きょ  うはお  て んきがい   いね」 は意味がわからないし、喋りにくいよね。

 

弾けなかったところ、楽譜見てみて、、Tくんはさっき、ここに【 、】を付けて弾いていたけど、この音と音の間に【 】の場所を変えてみて。。^^

そうすると、楽譜に書かれている指番号で自然に弾くことになるし、弾けなかった音も、きっと弾ける!

 

楽譜をよ-く見ると、どこに  [ 、]を付けたら良いかがわかってくるんだ。。

 

お話聴いてくれました。

その後、何度か一生懸命頑張ってトライしてくれて、もう一息、のところでこの日のレッスンは終わり。来週再チャレンジしてくれることになりました。

帰りがけ、あと一息だよ。、と声をかけると、

「今度学校で、紅蓮華、弾くの。」とぽそっと。今までTくんの方からお話してくれたことがなかったので、ちょっとびっくりしたけど、とても嬉しくて。。😊

「そ、そうなの。、言ってくれたら、先生、紅蓮華、教えてあげられたのに。」と言ったら、

首をふって、「今日はこの曲を弾きたかったから、、」と下を向きながらニコっと、してくれました。

ふたりでニコニコ、、ってしてこの日のレッスンは終わり。

ひとつ成長したんだなぁ。。

Dsc_0188

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

 

昨年は新しいものへ、全ての皆さまがチャレンジの年でしたね。

 

教室も、毎年新しい思考を起こし、取り入れ、レッスン、イベントを行っていますが、昨年はオンラインレッスンに始まり、YouTube公開発表会、オンラインコンクール他、想像を超えるチャレンジの年となりました。

また、昨年はTwitter、InstagramなどSNSを通して、多くのアーチスト、音楽愛好家の方々、音楽関係者から新しい視点、そして努力することの大切さを、あらためて学ばせていただいたと思います。

これらを経て、今年度も音楽を楽しく、優しく、素敵に、生徒の皆さんに届けられるよう、頑張ります。

 

「音楽は感情と向き合い、それらを理解し、表現し、また自らを創り出すことを体得できる分野」(MIT音楽の授業・菅野恵理子著書より)

楽器を弾く(音楽をつくる)=ものを創る=自らを創る、私自身が「創る」ということを体感、そして日々実感していることとして、こちらに載せさせていただきます。

 

教室は1月7日よりスタートします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Dscf1605

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

新ホームページ開設しました!

「子どものためのピアノ教室」新ホームページ9月より開設しました。

野村ピアノ教室は創立1974年、これまでも多くの生徒さんと共に大好きな音楽を囲んで参りました。

子どもたちに「本物の音楽」を楽しく伝えたい!をモットーに、また新たな充実したレッスンを皆さまにお届けします!

下記のアドレスより新ホームページご覧ください。

https://www.nomurapiano.net

 

Sel_7691  

 

神奈川県民ホール周辺

今日と来週末はつぼみ会ピアノ発表会のリハーサルです。

いよいよ、追い込みです。難しい曲を選択した子、がんばれ、、あともう一息、、
集中して作り上げる音楽から得られるものはきっと大きい、そう思います。
神奈川県民ホールに最終打ち合わせに行ってきました。

P1020113

目の前の山下公園で、ふぅ・・とつかぬ間の休息。。

P1020155

潮風が気持ちいい。。

P1020159

P1020163

さ、午後のレッスン、戻らねば。。^^

発表会曲選び

少しだけ春の気温になってきましたね。。

今発表会に向けて、教室にある楽譜を棚から出し、新たな楽譜も取り寄せ、レッスンの空き時間があれば、楽譜とにらめっこしてます。生徒さん一人ひとりの顔を思い浮かべながら、あの曲弾かせてあげたら・・、う・・んこんな曲も良い・・、、今回は大きな舞台の発表会、丁寧に練習を積んで仕上げるので、生徒さんが成長できる一曲、選びたいのです。

というわけで、積み上げた楽譜を隅からチェックする作業の日々。。

Dscf3691

。。と一息。。^^

いただいたピュイサンスのお菓子でコーヒータイム。

Dscf3671

ピュイサンスのケーキは自分でもよく買いに行きますが、このお砂糖菓子は初めて。綺麗で美味しそうです。^^

クリスマス♪

「サンタさん、来てくれた・・・?」^^

「うん、、来た、、来たよ、、

サンタさんに書いたお手紙の話を、ないしょだよ、、って、してくれてたので、聞いてみたら、またまたうれしそうに、答えてくれました。^^

今年最後のレッスン、外は寒いけど、温かい気持ちで、終えられそうです。^^

さてさて、教室のクリスマス会、ゲームは白熱しました、、子供たちのエネルギーってすごい、、音かるたの時は、教室がこわれるかと思った、、^^;

けど、みんなが楽しんでくれてるので、よし、、としましょう。。^^

Dscf3442

今年も、教室に通ってくださる皆様の温かい心遣いをいただき、ファミリーコンサート、レッスンを無事終えることができました。ありがとうございました。

来年は、つぼみ会ピアノ発表会を開催予定です。充実した会になるよう、追って計画を進めたいと思っています。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。^^

6手連弾。。

今回のファミリーコンサートでは3人で連弾する(6手連弾)子どもたちもいます。。^^まだ拍子や、音符の長さを均一にすることが難しい小学校低学年の子どもたちにとって、6手連弾はなかなかの冒険です。それでも、お互いに一生懸命数え合ったり、うまくできなかったお友達を気遣ってあげたり、それでもって、みんな楽しそう。。♪

がんばろう、、っていう気持ち、思いやりも、後ろで見ていて微笑ましいです。^^

Dscf2844

お母様が3人が見やすいように、楽譜を作ってくださいました。見守ってくださるお父様、お母様にも感謝です。。

クリスマス会♪

クリスマス会、終わりました、。、

クリスマスソング、ゲーム大会、、初顔合わせの子供たちも、すぐにお友達に。。^^

みんなほんとに元気、元気

どんなプレゼントもらったかな・・・?

Dscf2824

来年もまた、楽しいレッスンしようね。。^^

舞台で演奏するときは・・♪

リハーサルを終えて、、いただいた百合の花も満開に、、いよいよ発表会本番が近づいてまいりました。(o^-^o)

リハーサルでは皆さん緊張したかな。。小さい子供たちはがんばりました。、いつものレッスンより上手に弾けた子が多かったですね。。^^中学、高校生、大学生はね。。緊張することを知る年齢ですものね・・・^^

Dscf2568

そこで、舞台の心得。。素のままではなく、皆さん少しよそいきの顔しましょ、。カメラの前でにこっとポーズとる時みたいにね。

舞台で演奏するのって、役者さんが舞台でせりふを言うのと似てるかな、、って思います。楽器を演奏するのって、感情をこめてせりふを言うことと同じだと思うから。

演技力、ちょっと必要かも。。それぞれの音楽に物語があって、その中で演技をすると、普段の自分とちょっと違って、緊張の中でも、きっとがんばれるんじゃないかな。。^^

雪。。フィギアスケートのタイミング

雪、。になりましたね。今朝のお庭はレモンライムのシャーベットみたいです。昨日のレッスンの子供たちは雪降った方がうれしい!、、って言ってましたから、。けど、、大人は足元、気をつけないといけませんね。、、^^;

Dscf2454 

なんとなくこの風景から、フィギアスケートが思い浮かんだので・・少しそのお話を。

「スクリャービン作曲 エチュード作品8-12」という曲、。.

今生徒さんがレッスンで弾いているので、よく耳に浮かぶのですが、ある時TVでフィギアスケートを見ていると、羽生結弦選手が今ショートプログラムで使ってる・・・んですね。「悲愴」という副題もついている曲ですが、とても劇的な曲です。

フィギアスケートはよく鑑賞するのですが、ラフマニノフのピアノ協奏曲とか、クラッシック音楽の中でも、余情的、和声の密度の濃い曲が使われることが多いですね。

浅田真央選手はここのところ、そういう重厚感のある曲を使わず、ショパンのノクターン作品9-2、や、今は確かリストの「愛の夢」と、やわらかく、やさしい心を表現する曲調が多いようですが、とても彼女に似合っていますよね。。

フィギアスケートって、テクニックの息をのむタイミングがピアノを演奏する感覚と似ているので、ついつい、惹かれるんです、。、^^

http://youtu.be/-d4nMeovq-4

貼り付けておきますので、聴いて見てください。。^^