« YouTube限定公開 つぼみ会ピアノ発表会後記 | トップページ

大人になった時、習っていて良かったと思えるピアノを。

春ですね。。

日差しがやわらかく、温かい日が増えましたね。

この時期、教室では、新学年を意識して、ぐ~んと成長する生徒さんが多いです。

先日も、生徒さんの成長が垣間見れて嬉しかったことが・・

小学校低学年の男の子、この日の練習はブルグミュラー作曲の「せきれい」

(せきれい、という名の鳥の声があちこちから聴こえるような、軽快なリズムの連鎖が魅力の曲。)

お家で頑張って練習してきてくれたことがよくわかります。

でも、どうしても弾けないところがあって・・

そこを何度も、何度もチャレンジしようとします。

わかるよ、、わかるよ、でもね、、ちょっと待って、、

「弾けないには、弾けない原因があるからね、それがわかったら、弾けるからね。」と止めました。

弾きたいのをぐっとこらえて、お話を聴いてくれました。

 

「音楽はお話を読んだり、書いたりするのと同じでね…」

楽譜は、言葉や、文みたいに、点【 】や 丸【 。】を付けながら読むのに似ているの。。 

この点や丸の場所が間違っていると、文の意味はわからなくなるし、読みにくいよね。

 

例えば「今日はお天気がいいね!」➔ 「今日は お天気が  いいね!」

これを

「きょ  うはお  て んきがい   いね」 は意味がわからないし、喋りにくいよね。

 

弾けなかったところ、楽譜見てみて、、Tくんはさっき、ここに【 、】を付けて弾いていたけど、この音と音の間に【 】の場所を変えてみて。。^^

そうすると、楽譜に書かれている指番号で自然に弾くことになるし、弾けなかった音も、きっと弾ける!

 

楽譜をよ-く見ると、どこに  [ 、]を付けたら良いかがわかってくるんだ。。

 

お話聴いてくれました。

その後、何度か一生懸命頑張ってトライしてくれて、もう一息、のところでこの日のレッスンは終わり。来週再チャレンジしてくれることになりました。

帰りがけ、あと一息だよ。、と声をかけると、

「今度学校で、紅蓮華、弾くの。」とぽそっと。今までTくんの方からお話してくれたことがなかったので、ちょっとびっくりしたけど、とても嬉しくて。。😊

「そ、そうなの。、言ってくれたら、先生、紅蓮華、教えてあげられたのに。」と言ったら、

首をふって、「今日はこの曲を弾きたかったから、、」と下を向きながらニコっと、してくれました。

ふたりでニコニコ、、ってしてこの日のレッスンは終わり。

ひとつ成長したんだなぁ。。

Dsc_0188

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« YouTube限定公開 つぼみ会ピアノ発表会後記 | トップページ

レッスン風景から。。」カテゴリの記事