« コンペイトウ♪ | トップページ | 9月発表会開催のお知らせ »

ピアノのお話、。

商品の詳細先日、本屋大賞受賞作「羊と鋼の森」読みました。

木に覆われた、羊の毛で作られたハンマーと鋼の絃。

この題はピアノのことを言っていたのですね。

ピアノの調律に魅了された青年が、調律師になり、成長していく姿を描いた作品。

私にとっては、自分の日常が文章に書かれてるような、非常に身近なお話でしたが、他の方の書評で、「職種に関わらず、仕事に向かう姿勢として、とても大事なことが書かれているね。」というものも目にしました。

なるほどな・・、

音という抽象的なもの、でも確実にそれは本物で、その存在を創り上げようとする人と人の関わり。努力。

ものづくりとは、時に抽象的なものであり、仕事が何かをつくることとすれば、このお話はきっといろいろな方に通じることなのですね

|

« コンペイトウ♪ | トップページ | 9月発表会開催のお知らせ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事