« 2014年5月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年9月

葡萄、ワイン、そしてシューマンも・・

先日のお休みは勝沼にて葡萄狩りにワイナリー。

お天気も良いし、ぶどうも甘くておいしい。、写真は瀬戸ジャイアンツ(桃太郎)という品種だそうです。

Dscf3957 

朝日園で

Dscf3972 
ぶどうの丘ワインカーヴにて

Dscf3966

シューマンもワイン飲んで気分転換してたかな・・、

今、シューマン作曲「ソナタ嬰へ短調」を指導しながら、あらためて感じることも多くあり、このブログを書いています。。 

シューマンの幾層にもなる音楽、学生の頃は譜面を乗りこなすことがただ難しかった。

それが、演奏から離れて、聴く側に身を置くと、こんなに情緒豊かな音楽だったか・・、と、思うところが深いです。

書籍家で勤勉な父の影響から文学に関心の高かったシューマン。残された言葉や詩文に独特な芸術哲学がうかがわれ、興味深いです

シューマンが17歳で書いた詩の一部です。

「詩の韻律の器を優しくそよ風の拍子が揺らすとき、

音と音、言葉と言葉が競い

音は感じ、詩句は息づき

ついに優しく一つのハーモニーで

二つの芸術が誠実に愛に満ちて抱き合う」

17歳、この後多くの楽曲を発表したシューマンのまさに、理想に満ちた詩ですね。

そよ風の拍子が揺らす、という表現。なるほど・・。シューマンの拍子は他の作曲家にはないものを感じ、どうとらえようかと、思考していたので、参考になります。

この文学的要素にプラスして、シューベルト、ショパン、ベートーヴェン、バッハの影響を受けたと思われる音楽的要素。その上に、さらに新しい音楽を追求しようとした力。

う~ん多彩な作曲家です。

シューマン最期の言葉、クララが用意したワインに口をつけ、発した、「わかってる・・」は何を指すのか、いろいろ解釈があるようですが、

どこまでもロマンな人だったのですね。

|

発表会報告

9月に入り、夏の暑い日々が落ち着いていくように感じます。子供たちも学校へ。教室も発表会を終え、新しい季節です。

7月にフィリアホールにて行われた発表会。第1部~第3部まで、長時間にわたり、出演された多くの生徒さん、ご家族の皆様、お客様とともに内容の濃い、満ち足りた時間を過ごさせていただきました。皆様、ありがとうございました。
生徒の皆さん全員がんばりました。
できるようになった、上手になったこと、実感できたかな、。みんな、ひきしまった、いい顔してました。^^

P7130377

31301213_01058_005

31301213_01029_003

P7130349_2

|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年11月 »