« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

秋空ですね。。

今日は、午前中は大学生の生徒さん。。午後は小学生の生徒さんのレッスンです。

小学生の生徒さんからは、運動会、、や、秋の遠足の楽しいお話。^^

大学生の生徒さんは、就職活動、、そろそろ卒論追い込みのお話・・・、、そういう時期なんですね・・。小学生の頃から通ってくださっている生徒さんです。成長して、大人の会話ができることはうれしいものです。

Dscf2392_2

楽器は気持ちを伝えるツール、、おしゃべり、と同じですから、日々のレッスンで会話はごく自然に生まれます。

夏も過ぎ、リラックス。、おだやかな秋のレッスンです。

レッスンを終えて窓の外を見ると、秋雲が。。

Dscf2393_2

池辺晋一郎さんの小曲集に「いわし雲のうた」、あかね色の夕ぐれ・・「雲、あかね色」というかわいい曲があります。思い出します。(*^-^)

|

パリ コンセルヴァトワール

Dscf2292

パリ国立音楽院、隣接する音楽博物館です。

深い歴史、あふれる芸術をそのままに残すこの国、環境のもとで音楽を学ぶことはすばらしいことですね。。

Dscf2287

続きを読む "パリ コンセルヴァトワール"

|

モン・サン・ミッシェル名物は・・

巡礼者のためにプラールおばさんがつくったのが最初といわれるオムレツ、。モン・サン・ミッシェル周辺のレストランで。

Dscf2235

ムースのように軽い、あっさりふわふわのオムレツ。。おいしい・・?と言われると、う。。ん。。オムレツ、、ものたりないオムレツです・・^^;。

Dscf2237

この洋梨タルト、おいしかったな・・^^

Dscf2273

ヴァケーションシーズンとあって、人が多い、、たいへんなにぎわいでした。

|

モン・サン・ミッシェル

一度行ってみたかった「モン・サン・ミッシェル」、、

Dscf2240

Dscf2285

続きを読む "モン・サン・ミッシェル"

|

トゥール駅からシャンボール城へ

この日はトゥール駅近くに宿泊。写真はトゥール駅の朝方の様子。。ここからロワールへ。

Dscf2223_2

下の写真はシャンボール城。思ったより大きくて見事な眺めでした。ドビュッシーをはじめ、その時代のフランスの音楽家たちは、このロワールの貴族のお城に招かれて演奏していたのですね。。音楽家たちの背景も勉強になりました。

Dscf2215

Dscf2209

|

リヨンにて

途中立ち寄ったリヨンの街で出会ったワンちゃん。。かわいくて一枚パチリ、、君はスターね、、と連れていた女性。

Dscf2184

Dscf2183

続きを読む "リヨンにて"

|

アヴィニヨン ポン・デュ・ガール

アヴィニヨン、日本でもよく知られる民謡で有名な「アヴィニヨンの橋」に面した道路の周辺は、何かいいにおいがする、、と、、足元を見るとラベンダーとローズマリーがたくさん。。

Dscf2146

Dscf2145

コンヴァスとアコーディオン、ラフな演奏が楽しい。。しかし、暑い、、この日気温37度、、38度、、

下の写真はアヴィニヨンの民族人形。。

続きを読む "アヴィニヨン ポン・デュ・ガール"

|

ゴッホゆかりの地 アルル

Dscf2104

アルルの闘牛場で見かけた魅力的な女性をめぐる恋ばな、ビゼー作曲「アルルの女」の舞台。下の写真、1世紀に造られたこの円形闘技場を見ながら、情熱的な恋の話は、この歴史と力強さを感じるこの街から生まれたのだな・・と思いました。

Dscf2086

Dscf2083

Dscf2092

続きを読む "ゴッホゆかりの地 アルル"

|

ニース

Dscf2010_3

ニースの朝。。街中。道の両側にすりすりでびっしり、の車の路駐。これにはびっくり・・

Dscf2059_3

続きを読む "ニース"

|

コート・ダジュール

今年の夏はフランスへ。南から北へと魅力的な景色、芸術史を堪能しました。^^

Dscf2014

コートダジュール、朝の太陽の光に輝く海の青、空の青、きれいでした。。海に浮かんでいるのは、ヨット、モナコへ向かう客船。

Dscf2030 モナコ公国、宮殿前広場から撮影した眺めです。モナコといえばF1グランプリが有名ですね。思った以上に普通の道。、ここをF1が走るの。。?

Dscf2048

続きを読む "コート・ダジュール"

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »