« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

夏野菜

朝、とれたての夏野菜をいただきました。

007

真ん中の長~くて大きなのは 「夕顔」。。と云うそうで、、

源氏物語に登場する女性の名にちなんでいるらしいですが、なんと涼しげな名前。。

冷たいスープにしていただきます。(o^-^o)

|

曲選びと海外旅行気分。。

先日大人の生徒さんが、たまにはこんな曲も弾いてみたいと、スペインの作曲家 グラナドスの組曲ゴイェスカスより「恋するマホたち」、アルゼンチンの作曲家 ヒナステラの「アルゼンチン舞曲」を持ってみえました。

クラッシック音楽といえば、バッハ、ベートーヴェンのドイツや、ドビュッシー、ラヴェルのフランスはよく聴かれるところですが、他にも様々な国の作曲家がいます。近頃は、スペイン、アルゼンチンもプチブームだったのでは。。

グラナドス:ゴイェスカス

グラナドス:ゴイェスカス

アーティスト:ラローチャ(アリシア・デ)

グラナドス:ゴイェスカス

この曲ゴイェスカス・・とはグラナドスが愛好していたゴヤ風の作品という意味。スペインといえば思い浮かぶフラメンコの情熱的なリズムイメージにロマン派的な要素や、詩的描写を加えたポピュラーな聴きやすいメロディの曲です。

ヒナステラは、少し前に流行った「リベルタンゴ」のピアソラの師匠でもありますが、とにかくのりがいい!

アルゲリッチの演奏を見つけましたので、載せておきます。^^

<objecthttp://www.youtube.com/v/c1Wb_TM0HVo&amp;hl=ja_JP&amp;fs=1"></param><param

続きを読む "曲選びと海外旅行気分。。"

|

夏。。ですね。、、

関東は梅雨が明けたようですね、、暑くなりましたね・・。。

教室の子供たちもだんだん小麦色、、「ああ涼しい、、!」なんて言いながら、クーラーのきいた教室に入って来ます。^^

発表会で難しい曲に挑戦して、1段も2段もレベルの上がった子供たち、今は上がったレベルを定着させるべく、ちょっと地味な練習も淡々とこなしてもらっています。将来のため、時には地味な作業も大切なこと、子供たちなりにわかってくれているようです。^^

それにしても暑い、、休憩時間にメイちゃんをお庭に出してあげたら木陰に座り込んでこの表情、、。。

009 暑い。。おうちに入りたい~、、だそうです。^^;

|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »