2021年ショパンコンクールに感動して。。

先日、日本人の快挙が大きなニュースとなったショパンコンクール、5年に一度しか行われない、ピアノのオリンピック的存在、世界で最も権威のあるこのピアノコンクールがショパンの祖国ポーランド、ワルシャワより予備予選から全て生配信されました。

それはそれは、素晴らしい感動の連続でした。

今年も終わりに近づく中、とても心に残ったこのことを書き留めておきたい、そしてクラシック音楽について初心者の方にも、ぜひこの感動を知っていただけたらと思い、このブログに書くことにしました。興味を持って頂けましたら嬉しいです。

以下お話を進めていきます。

 

課題曲はショパンの作品のみから課されます。

コンテスタントは30歳までという年齢制限があります。

主なショパンの作品を上げてみます。

ショパンの作品とは、ワルツ19曲(子犬のワルツなど含む)、ノクターン21曲(音楽に詳しくない方もきっとご存知な、作品9-2を含む甘いメロディの宝庫)、マズルカ58曲(ショパンの故郷ポーランドの民族舞踏をもとに着想したと考えられる曲)、バラード4曲(バラード1番は羽生結弦選手がオリンピックのショートプログラムで使用)、スケルツォ4曲、ソナタ3曲、ポロネーズ16曲(英雄ポロネーズ他)、アンダンテ・スピアナートと華麗なるポロネーズ、幻想曲、舟歌、エチュード27曲(別れの曲、革命、他)、24のプレリュード(雨だれ、他)、そしてオーケストラと演奏するコンチェルト2曲、

39歳で亡くなったショパン、短い生涯の中でここに書いた曲だけでも、全て足すと178曲。

書き出してみると、天才とはいえ、これだけの曲数を書いたとは、、あらためて凄いことだなぁ、と思いました。どれも心に残る美しい曲です。

コンテスタントはこの中から課題に沿って、数曲を組み合わせ、自分を最大に表現できるプログラムを練ります。

 

2021年7月 書類、音源審査により通過した164人による、予備予選

課題 指定のエチュードより2曲、指定のノクターン又はエチュードより1曲、指定のマズルカより2曲

指定のコンクールで上位2位までに入った入賞者を含め、87名が通過、内日本人は14名の通過、浜松国際ピアノコンクールで2位に入った牛田智大さんは予備予選免除でした。

 

ここからは素晴らしい名演の数々の中から、心に残った日本勢の演奏を載せていこうと思います。 

どの方も日本国内で、すでに活躍されているピアニストです。

 

2021年10月 本大会開催

1次予選

エチュードより2曲、指定のノクターン、エチュードより1曲、バラード、スケルツォ、幻想曲、舟歌より1曲

 

1次予選より、牛田智大さんの演奏です。

美しいノクターンに始まり、華やかなエチュード、深い解釈、次から次から音楽が溢れてくる幻想曲、素晴らしかった、感動しました。

牛田さんのが演奏前に寄せたTwitterの投稿より

「フランスの作曲家ベルリオーズの代表作のひとつにパリ七月革命記念式典のために作曲された「葬送と勝利の大交響曲」があります。フランス国民を称え、犠牲者を弔う意味をこめて作曲されました。今日演奏する「幻想曲」はショパンがベルリオーズの構想を祖国ポーランドに置き換えて描いたものです。ご存じの通りワルシャワ蜂起はロシア軍に圧倒され失敗に終わりました。国家消滅の危機にあるワルシャワ、自身が暮らす革命を成功させたパリ、その現実を見なければならないときの空虚で絶望的な感情が「幻想」というタイトルに繋がったのではないかと考えます。今日の本番では暖かく、穏やかなワルシャワが徐々に悲しみに染まり、多くの犠牲と深い絶望を経て再び希望を見出すまでの変遍を描きます。」

ノクターン作品27ー2、エチュード作品10-10、10-12「革命」、「幻想曲」

https://youtu.be/CQ9-aNmLO3I

 

2次予選進出45名、内日本人8名

沢田蒼梧 進藤実優 反田恭平 角野隼斗 牛田智大 古海行子 小林愛実 京増修史

 

2次予選

課題 

バラード、スケルツォ、幻想曲、舟歌、幻想ポロネーズより1曲

ポロネーズより1曲、他演奏時間が30分~40分のプログラムを組む。

 

2次予選より角野隼人さんの演奏です。https://youtu.be/uuhElaEJbQA 

角野さんはクラシックピアニストとして活躍されていましたが、数年前より かてぃん としてYouTubeでも活躍。 

数年前ユーチューブを初めて見た時、なんて才能のある人なのだろう、と注目していましたが、あれよあれよという間に有名に。

かてぃんチャンネル https://youtu.be/L2f6Mi7I5lY

 

2次予選より 沢田蒼梧さんの演奏です。https://youtu.be/Co43ouXa6ro

 沢田さんは医大生でピアニスト。

学業とピアノの両立についてお話されたとても興味深い記事です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7fa9dc598271d73e2720caa7385be2b803d75b04

 

3次予選進出 セミファイナリスト23名、内日本人は5名の通過

進藤実優 反田恭平 角野隼斗 古海行子 小林愛実 

 

3次予選

課題

ソナタ2番、3番、24のプレリュード、マズルカ より演奏時間が45分~55分のプログラムを組む。

 

3次予選より、進藤実優さんの演奏です。ソナタ3番、素晴らしい!もう釘付けです、、

https://youtu.be/S4zdJf-gHSE

 

3次予選より、小林愛美んの演奏です。

小林さんの目にスイッチが入った瞬間から心を持っていかれました。物凄い集中力、24のプレリュード、今回のコンクールの中でも最も素晴らしい名演だったと思います。

https://youtu.be/NzDkiXpAbGs

 

ファイナル進出 ファイナリスト12名、内日本人は反田恭平さん、小林愛実さんの2名でした。

 

ファイナル

課題 コンチェルト1番又2番

(コンチェルトとは独奏楽器が中心となり、オーケストラと共演するものです。)

 

ファイナルの反田恭平さんの演奏です。https://youtu.be/3bMF5wS7Mr4

反田さんは最終順位、第2位に入りました。

日本人としては51年ぶりの最高位タイ2位という快挙です。

反田さんは体格を作るためにボクシングジムにも通ったというエピソードがありましたが、今回このコンクールの物凄さを見ていて、これも納得です。ファイナルでコンチェルトを弾くのが夢だった、というコメント、画面を通して見ているだけでも感動的。夢のような時間でした。

 

最終順位

1位 ブルース・リウ (カナダ)

2位 反田恭平

  アレクサンデル・ガジョヴ(イタリア・スロベニア)

3位 マルティン・ガルシア・ガルシア(スペイン)

4位 小林愛実

   ヤクブ・クシュリク(ポーランド)

 

どの方も素晴らしすぎる演奏、肉体と精神をぎりぎりまで込めた、気迫のこもった演奏は、通常のコンサートでは、なかなか聴くことのできないものでした。連日、配信ですが生で聴けたことは貴重な経験でした。

予選から本選を通して、技術を越えた、技術を持っているこの方々の演奏について、これが順位のつくものなのか、と考えさせられました。

それが解釈というならば、ショパン像をどのように考えるか、ということになります。

一説によると、今回のショパンコンクールは、幸せのショパン を演奏した方々が優位だった、という話もあります。

私もそのように思いました。

人間にはいくつもの側面があります。その中から、今回は悲しみの中から得られる美しさを表現した 悲しみのショパン ではなく、幸せのショパンが評価されたように思うのは、今のコロナ禍という時代に、皆が幸せを願うことも関係があったのかもしれない、そう思うところもあります。

いずれにしても、その時代時代に合わせて、良い意味で流され、動いて行かなければならないのだろう、と思うところです。

ぶらあぼ より、審査員ピオトル・パレチ二の貴重なインタビュー記事です。https://ebravo.jp/archives/106452

 

 

20200429_230051_0000_20211209154501

コロナウイルス感染対策について

コロナウイルス感染対策について

 

1.教室入室の際は、かならずマスクの着用をお願いいたします。

又、お子さま用 不織布のマスクを教室で常備いたしますので、不織布マスク以外のマスクを着用しているお子さまは、教室入室の際、付け替えをお願いいたします。

 

2.教室入室、退室時に手をアルコール消毒して頂きます。

 

3.鍵盤はアルコールで直接消毒すると、割れて破損してしまうため、一人の生徒さんの使用の度、水拭きをし、その日のレッスン終了後、鍵盤専用クリーナーで拭いています。

 

4.生徒さんが触れたテーブルは、その都度、アルコール消毒いたします。

 

5.レッスン室、待合室の換気は生徒さんの退室後、1時間ごとに、数分窓を開けることとしています。

待合室の窓は状況によって開けたままにしておきます。

 

6.教室のソファー、テーブル、玄関ドアノブ、レッスン室ドアノブ、窓の手の接触する部分、備品(本、楽譜を除く)はその日のレッスン終了後、アルコール消毒しています。

 

風邪などの症状、熱がある、体調が悪い場合、レッスンはキャンセルをお願いいたします。

その場合、体調回復後、教室にて振替レッスン、又はオンラインレッスンにて振替レッスンいたします。

 

ご希望の方にはオンラインレッスンを対応、行っています。

 

又教室関係者で濃厚接触者になった場合、14日間の健康観察、体調の管理をして頂きます。

体調によっては14日以上の観察をお願いする場合もあります。

 

現在感染者が増えておりますので、今後対策について、より強化するよう、努めます。

 

                                  つぼみ会野村ピアノ教室

 

20200429_230051_0000

 

 

ファミリーコンサート開催いたします。

昨年のクラシック音楽の舞台発表会に続いて、今年度は 音楽で遊ぼう!がコンセプト、「ファミリーコンサート」を開催いたします。

 

日時 2021年8月11日(水) 場所 アートフォーラムあざみ野 

(コロナウイルス感染対策のため、会場ご参加、観覧は、出演者ご家族様のみとさせて頂きます。)

 

好きな曲を持ち寄って、連弾、ソロ演奏、ご家族でアンサンブル、、今年もまた、楽しそうなプログラムになってきましたよ。。

 

プログラムの一部をご紹介します。

ディズニーより、「ホール・ニュー・ワールド」「サークル・オブ・ライフ」「ミッキーマウスマーチ」「彼こそが海賊」他

スタジオジブリより「カントリーロード」「人生のメリーゴーランド」「さんぽ」他

「夜に駆ける」「カイト」「白日」「I LOVE」「Take Five」「情熱大陸」「パプリカ」「飛べ!ガンダム」「Let it be」・・他

書ききれませんが、めちゃくちゃ楽しそうです!

演奏形態も 連弾、ソロ演奏、ボーカル、他楽器とのアンサンブル、(ヴァイオリン、ギター、コントラバス、チェロ、オーボエ、~三味線 他)

ゲスト♪ ソプラノ歌手 相川知子さん 他 今年は スネアドラム、マリンバ&ピアノによる演奏も予定しています。

 

開催まで、1ヶ月をきりました。ご参加の皆さま、ご期待ください。😊

Dscf1604_20210719211301

 

 

 

 

 

大人になった時、習っていて良かったと思えるピアノを。

春ですね。。

日差しがやわらかく、温かい日が増えましたね。

この時期、教室では、新学年を意識して、ぐ~んと成長する生徒さんが多いです。

先日も、生徒さんの成長が垣間見れて嬉しかったことが・・

小学校低学年の男の子、この日の練習はブルグミュラー作曲の「せきれい」

(せきれい、という名の鳥の声があちこちから聴こえるような、軽快なリズムの連鎖が魅力の曲。)

お家で頑張って練習してきてくれたことがよくわかります。

でも、どうしても弾けないところがあって・・

そこを何度も、何度もチャレンジしようとします。

わかるよ、、わかるよ、でもね、、ちょっと待って、、

「弾けないには、弾けない原因があるからね、それがわかったら、弾けるからね。」と止めました。

弾きたいのをぐっとこらえて、お話を聴いてくれました。

 

「音楽はお話を読んだり、書いたりするのと同じでね…」

楽譜は、言葉や、文みたいに、点【 】や 丸【 。】を付けながら読むのに似ているの。。 

この点や丸の場所が間違っていると、文の意味はわからなくなるし、読みにくいよね。

 

例えば「今日はお天気がいいね!」➔ 「今日は お天気が  いいね!」

これを

「きょ  うはお  て んきがい   いね」 は意味がわからないし、喋りにくいよね。

 

弾けなかったところ、楽譜見てみて、、Tくんはさっき、ここに【 、】を付けて弾いていたけど、この音と音の間に【 】の場所を変えてみて。。^^

そうすると、楽譜に書かれている指番号で自然に弾くことになるし、弾けなかった音も、きっと弾ける!

 

楽譜をよ-く見ると、どこに  [ 、]を付けたら良いかがわかってくるんだ。。

 

お話聴いてくれました。

その後、何度か一生懸命頑張ってトライしてくれて、もう一息、のところでこの日のレッスンは終わり。来週再チャレンジしてくれることになりました。

帰りがけ、あと一息だよ。、と声をかけると、

「今度学校で、紅蓮華、弾くの。」とぽそっと。今までTくんの方からお話してくれたことがなかったので、ちょっとびっくりしたけど、とても嬉しくて。。😊

「そ、そうなの。、言ってくれたら、先生、紅蓮華、教えてあげられたのに。」と言ったら、

首をふって、「今日はこの曲を弾きたかったから、、」と下を向きながらニコっと、してくれました。

ふたりでニコニコ、、ってしてこの日のレッスンは終わり。

ひとつ成長したんだなぁ。。

Dsc_0188

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YouTube限定公開 つぼみ会ピアノ発表会後記

昨年開催した新しい試みの「つぼみ会ピアノ発表会」の舞台裏です。

 

3台のカメラを使って、アングルを変えて撮影。

とても綺麗な仕上がりでYouTubeにアップしていただきました。

Photo_20210131182801

2

5_20210131183001

3

4

通常のプログラムにプラスして、よりYouTube発表会を楽しんで頂きたいという思いから、ひとり一人の生徒さんのプログラムに向けて各先生が独自の曲解説、コメントを作成しました。

Photo_20210131202501

今年もまた、生徒さんが楽しんでくださる様子を思い浮かべながら、試行錯誤、新しい取り組みのコンサート、練り始めています。

ご期待ください。。^^

 

 

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

 

昨年は新しいものへ、全ての皆さまがチャレンジの年でしたね。

 

教室も、毎年新しい思考を起こし、取り入れ、レッスン、イベントを行っていますが、昨年はオンラインレッスンに始まり、YouTube公開発表会、オンラインコンクール他、想像を超えるチャレンジの年となりました。

また、昨年はTwitter、InstagramなどSNSを通して、多くのアーチスト、音楽愛好家の方々、音楽関係者から新しい視点、そして努力することの大切さを、あらためて学ばせていただいたと思います。

これらを経て、今年度も音楽を楽しく、優しく、素敵に、生徒の皆さんに届けられるよう、頑張ります。

 

「音楽は感情と向き合い、それらを理解し、表現し、また自らを創り出すことを体得できる分野」(MIT音楽の授業・菅野恵理子著書より)

楽器を弾く(音楽をつくる)=ものを創る=自らを創る、私自身が「創る」ということを体感、そして日々実感していることとして、こちらに載せさせていただきます。

 

教室は1月7日よりスタートします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Dscf1605

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

全日本ジュニアクラシック音楽コンクール 全国大会入賞、審査員賞 おめでとう!

先日行われました 全日本ジュニアクラシック音楽コンクール 全国大会、当教室の生徒さんが 3名入賞されました。

★小学校低学年の部 第5位

         ★審査員賞

★小学校中学年の部 第5位

 

コロナウイルスの影響による開催延期のため、やむおえずの曲変更、マスクをつけたレッスン、子供たちにとっても初めての体験ばかり、けっしてコンディションのよくない中、受賞された生徒さん、ほんとによく頑張りました。

全国大会当日、「楽しかった!」と演奏後、笑顔の生徒さん。もっと上を狙いたい、悔しい、という顔をみせた生徒さん。

どの子も一生懸命頑張った、だからこそ見えたその気持ちは宝物ですね。

 

おめでとう!

Photo_20200908140901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対面レッスンにみんな戻りました。

夏間近。

暑くなりましたね。

教室のエアコンの風に ふわ、っとあたりながら、時々顔を見せてくれる夏空を、懐かしい、と感じるのは、この数か月が特別なものだったから、かもしれません。

今月でみんな対面レッスンに戻りました。

Dscf1683

みんな元気で良かった。、

オンラインレッスン期間、思いの外、レベルアップした生徒さん、ピアノが今までより、好きになってくれた生徒さんが多かったです。

大変だったけど、オンラインレッスンに踏み切って良かったと思います。

/////////////////////////////////////////////////////////

Img_3666_20200706135501

教室では対面レッスンについて、除菌対策をしております。

・レッスン前、ご自宅で手洗いをして、お越しください。

 教室に、アルコール除菌ハンドジェルのご用意をしております。レッスン前後に使用していだだきます。

・マスクの着用をお願いいたします。

・レッスン室の換気は定期的に十分行います。

・発熱、咳などの症状がある場合、教室での対面レッスンはご遠慮ください。

 オンラインレッスンはいつでもできる体制を整えておりますので、ご希望の場合は遠慮なくご連絡ください。

オンラインレッスン楽しく行っています♪

5月に入り、オンラインレッスンもだんだん慣れてきました。

YouTubeを楽しむように、オンラインレッスンもひとつの手法として、今回のことで定着しましたね。

野村ピアノ教室では通常レッスンとともに、今後もオンラインレッスンに注目、新しい、良いものはどんどん取り入れて、皆さまに音楽に親しんで頂ける環境を整えていきたい、と考えています。

 

先日、関西に引っ越しされた生徒さんから、「先生、オンラインレッスン、始められたんですね、、」と連絡をいただき、久々にオンラインで再会、レッスンをしました。

オンラインで再会できるなんてね・・^^

画面の向こうの生徒さんも元気そうで、とても楽しいひと時でした。

 

下の写真は、オンラインレッスンはどんなふうに行っているのか、教室の様子です。

Photo_20200523225701

教室ではノートパソコンを使用しています。パソコンの台にしているのは、IKEAで買ったバースツール、これがちょうど、ピアノの鍵盤の高さくらいで、オンラインレッスンのための商品か、と思うほど、ぴったり❗ 重宝してます。👀


Photo_20200523224801

上の写真は、生徒の皆さんに少しでもピアノの良い音を届けたい、と思い購入したマイク。

上級者の生徒さんの低音から高音の広い音域、ペタリングも拾えるマイクを探して、いろいろ試した結果、このボーカルマイクが一番、音が良かったので、使用しています。

 

このマイクは、単一指向性なので、ピアノの高音の弦になるべく近づけるようにマイクスタンドを使って、セッティングしています。

Photo_20200523225001 

太田先生の小さな生徒さんのためのオンラインレッスングッズもだんだん、増えてきました。、

Photo_20200523225002   5_20200526011501

オンラインレッスンの受講の仕方について

コロナウイルス対策4月のレッスンについて、野村ピアノ教室ではオンラインレッスン+ムービーレッスンを導入することになりました。

初めての試みでありますが、教師も努力して参りますので、生徒のみなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

 

以下オンラインレッスン、ムービーレッスンの受講の仕方です。

 

オンラインレッスン

いくつかのアプリを試しましたが、教室ではSkypeの通信状態が一番安定していましたので、Skypeを使用します。

生徒さんは、スマートフォン、タブレット、又はパソコンで受講できます。

事前にSkypeアプリをダウンロードしておいてください。スムーズにビデオ通話が開始されます。

スマートフォンは生徒さんの弾いている手が見えるよう、鍵盤の端に立てかけて置く、又は演奏する姿が写るよう、三脚をを使われても良いと思います。

タブレットも同様に演奏する姿が写るよう立て掛ける、三脚を使うなどすると良いと思います。

パソコンの場合は生徒さんの演奏する姿が写るよう、何か台の上に置くと良いと思います。教室では、バースツールにノートパソコンを置いて行っています。

 

ムービーレッスン

ムービーレッスンはレッスン課題、練習方法、生徒さんからの質問、先生からのアドバイスなど、動画のやりとりを行うアプリです。

 

ムービーレッスンはネットで「EPARKスクール会員証」を検索、新規会員登録をして頂きます。

 

ムービーレッスンは有料ですが、コロナウイルス対策期間をモニター期間とし、生徒さんには無料で使って頂くことにいたしました。

 

オンラインレッスンの利点

・生徒さんの環境、持ち楽器にあった指導、アドバイスができること。

・生徒さんが練習のモチベーションを保てること。

~お子さまのオンラインレッスンの場合、上記にプラスして、

★集中力がつく

★自主性を育む

✨オンラインレッスン=教室ではなく、生徒さんの生活の中でレッスンを行うこと

生徒さんの素の状態の音楽を聴くことができるので、指導者も、生徒さんに新しいアプローチができます。

Img_3666_20200405223501

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

«オンラインレッスン・ムービーレッスン開講いたします。